導入する際の補助について

このように、太陽光発電システムを導入すると、数多くのメリットがあります。
家族の会話が増えて、絆が深まります。
地球にも優しくなりますし、そして何より、光熱費の節約になります。
これを見ていると、太陽光発電システムを導入しようかと考える人もいることでしょう。
しかし、太陽光発電システムを導入するには、大きな壁があります。
それは、お金の問題です。
いくら太陽光発電システムが光熱費の節約になるからといっても、それは年間数万円というレベルです。
それですと、設置費用の元を取るには、最低でも10年はかかるという計算になります。
10年分の光熱費の節約分をあらかじめ支払うというのも、なかなか厳しいものです。
そこで最近では、国をはじめ、都道府県や地方自治体でも補助金制度を設けております。
小さい自治体では補助金制度がない場合もありますが、それなりの規模の地方自治体では、補助金制度があります。
そこで、最後に太陽光発電システムにおける補助金制度を見ていこうと思います。
まずは、国の補助金制度についてです。
国の補助金の場合は、地方自治体の補助金と、換算の仕方が若干異なります。
国の補助金の場合は、太陽光発電システムの設置にどれだけお金がかかったかによって、補助金の額が決まって来るのです。
具体的にはどういったものか、説明します。
太陽電池モジュールの交渉最大出力が1キロワット当たりのものを、いくら経費がかかったかということです。
1キロワットあたりの経費が、35000円以上475000円以下の場合は、1キロワットあたり35000円の補助金です。
1キロワットあたりの経費が、475000円以上550000円以下の場合は、1キロワットあたり30000円の補助金です。
この場合の経費に含まれるものは、太陽電池モジュールや架台、パワーコンディショナー、その他付属機器やそれらの設置工事の費用を対象としています。
2012年度分は、4月19日から3月29日まで実施しております。

get( 'keyword', 9 ) ?>
get( 'comment', 9 ) ?>