太陽光発電とオール電化

地球温暖化防止や、環境に優しいエネルギーの確保のため、高い関心を集め、その普及が進んでいる太陽光発電ですが、その初期投資に必要なコストが高額であるため、二の足を踏んでいる人も多いようです。
ですが、太陽光発電は実際搭載している人の話を聞くと、最初の試算通りの発電量を得られているという声を多く聞く様な気がします。
最近の住宅で人気のオール電化は、太陽光発電と併用すると更に減り、メリットが大きくなるシステムだと思います。null
最近の新築の住宅ではオール電化と太陽光発電システムを併用した住宅も珍しくないと思います。
それぞれの特長を生かし合う事が出来る両システムは、まさに相性の良い組み合わせであると言えるでしょう。
オール電化システムは、割高となりやすいガス料金も不要で、火も使わないため、クリーンで合理的なシステムとして人気なのですが、その分電気代はかかってしまうものです。
また、昼間、朝と夜間、深夜と、時間帯によって電気料金が異なり、需要の少ない深夜は格安料金になるのですが、昼間は割高になる仕組みです。
このため深夜料金を利用した給湯システムや暖房システムも広く活用されています。
逆に、太陽光発電システムは、発電できるのは昼間だけになります。
電気料金の高い昼間の電気は、太陽光発電で発電した電力で賄い、発電できない夜間は購入するという流れが自然とできてくるのです。
環境に優しくクリーンなエネルギーの活用が、この先も普及していくと良いと思います。