雨の少ない香川で太陽光発電

香川の気候は、瀬戸内海式気候で少雨で晴れの日が多いのが特徴です。
晴れの日が多い気候ということは、太陽光発電にこれほど向いている地域はないと思います。
最近の電力会社のCMはどれだけ経営努力をしているか、それでも料金の値上げは仕方がないという内容のものが登場しています。
火力発電に頼っている状態では、料金の値上げは仕方がないという論調のようです。
アメリカの安いシェールガスやロシアの天然ガスがあるのに、
そういった情報を伝えないのは片手落ちという気持ちがします。
ただ電気料金の値上げはもう避けられないことなのでしょう。
それなら、個人でできる防衛策として太陽光発電を考えたいと思います。
屋根の上にソーラーパネルを設置すれば、自分の家で電気を生みだすことができます。
雨が少なく晴れが多い香川だからこそ、その有利の特長を活かす発電を考えたいと思います。
もちろん、設置するには、ソーラーパネルを設置するのに条件に合っているかも大事です。
その屋根の状態により、設置することができないことあります。
屋根の状態もソーラーパネルを設置するのに向いていて、経済的な条件もクリアできるならぜひするべきだと思います。
それに、南海トラフでいつ地震が起こっても不思議はないといいます。
被災地で電力が使えることでずいぶん助かったという話もあります。
そういったことを総合的に考えると、太陽光発電を設置するメリットは大きいのではないでしょうか。