失敗しないための太陽光発電

物質に光を当てると電気が発生する現象は古くから知られていました。
1830年代まで遡る事ができます。
実質的に使用されたのは、1958年人工衛星に太陽電池が搭載された時ですが、しかしコストはまだ高いものでした。
その後コストを抑え、商業的な試みとして発展してきました。
太陽光発電は一時税制上の特典の後押しもあり、少しずつ成長しましたが、特典もなくなり一時停滞していました。
しかし原発問題が注目されて復活してきました。null
家庭で発電させ余分の発電を電力会社に買い取るシステムも出来ています。
電気料金の上昇や計画停電の動きもあります。
太陽光発電は、太陽光のエネルギーを電気に変えるものですが、システムとしては、昼間の発電の余剰分を電力会社に買い取る従来のシステムタイプだけでなく、家庭内でも蓄電できるタイプまで登場しました。
昼に発電して、夜間に蓄電した電力を消費する事になります。
このシステムがあれば、計画停電も急な停電にも対応できます。
各社から資料を取り寄せて、コストと自分たちの目的に適合する太陽光発電システムを選択していきたいものです。