電気代に優しい太陽光発電

もちろん、太陽光発電システムを導入する最大のメリットは、電気代の節約です。
太陽光発電システムを導入するモチベーションとなるのは、電気代の節約でしょう。
しかし、主な目的が電気代の節約だとしても、それに付随する副次的効果も注目しなければいけません。
それは、「地球に優しい」ということです。
もちろん、日ごろから意識して地球に優しい生活を続けられるのが理想です。
電気というのは、限りがあるものなので、日ごろから節電をしようという意識があると、それはそれでいいことです。
使っていない部屋の照明は消すようにしよう、ということもあります。
冷蔵庫を長時間開けっ放しにしない、といったこともあります。
エアコンを使う際には、できるだけ家族全員が同じ部屋に集まるようにしよう、という心がけもあります。
最後のケースの場合は、その結果、家族の会話が増えるといううれしい「おまけ」もあります。
しかし、日々の生活の中で、なかなか節電に常に気を配るということはできません。
ついうっかりつけっぱなし、ということもあります。
電気と地球環境を考える上で、考えないといけないのが、発電所です。
日本で現在主流となっているのは、火力発電所です。
火力発電所というのは、発電の際に火を燃焼させます。
そのエネルギーの元となっているのは、天然ガスです。
燃焼させるときには、二酸化炭素が発生します。
その二酸化炭素は、大気中に放出され、温室効果ガスとなり、地球温暖化の一因となります。
発電所からかてに送電する際には、送電線を使用しますが、その際効率が悪く、送電ロスが生まれます。
その結果、さらに多くの発電をしなければいけないということで、あまり効率がよくありません。
しかし、太陽光発電システムを導入すれば、家庭での電力は自給自足も可能です。
送電線は使わないので、送電ロスもなく、効率も非常に良いのです。
その結果、二酸化炭素の減少にもつながります。
地球に優しいというのは、やはりうれしいことですよね。

get( 'keyword', 7 ) ?>
get( 'comment', 7 ) ?>